メニュー ホーム

ジェットスターを利用して格安旅行

ジェットスターの航空券の購入方法は?

ad

ジェットスターの予約方法

rerareaジェットスターの航空券は料金が安く、場合によっては費用を大幅に節約できるのが魅力です。購入方法で迷ってしまうかもしれませんが、様々な予約方法に対応しています。大まかに分けると、公式サイト上かアプリからの予約、コンビニ、コールセンター、空港カウンターの4つです。ただ、いずれも購入方法や手数料、締め切り時間などに違いがありますので注意しましょう。

ジェットスターの公式サイトから予約する方法とアプリを利用する方法は、出発予定時間の150分前まで予約が可能です。いずれも予約手数料が無料(支払手数料は有料)で、もっとも運賃を安くできる方法になっています。支払方法はクレジットカードやバウチャー、一部携帯会社のウォレットサービスなどから選ぶことができます。いずれもはガイダンスに従って予約するのみですので、パソコンやスマホ操作に慣れている方なら簡単に手続きできるのが魅力です。

コンビニで簡単予約

13520067コンビニは予約手数料がかかりますが、ローソンやミニストップ、ファミリーマートで予約できます。店舗に設置されている端末(Loppiやファミポート)を操作すればすぐ申し込めるのが魅力で、近所のコンビニで買い物するついでに予約を取ることも可能です。支払いはコンビニのレジで行いますが、一部のお店では現金払いのみとなっているので注意しましょう。
コールセンターは電話予約が可能な方法です。専門スタッフが対応しますので、公式サイトやコンビニ端末の操作が苦手な方に向いています。予約手数料が少し高めなものの、チェックイン開始まで予約が可能なことから、当日利用したい方にもおすすめの方法です。支払方法はクレジットカードかバウチャーのみとなっています。

空港のカウンターで直接予約

そして空港カウンターの予約は、当日締め切り時間まで申し込めます。クレジットカードやバウチャー、現金での支払いが可能ですが、すぐ手続きできる点がメリットと言えるでしょう。ただし当日予約したいフライトに空席がある場合のみで、カウンターが混雑する可能性もあります。予約可能かどうか、前もって空席状況をチェックすることが重要です。コールセンターと同様、予約する際には予約手数料がかかります。

自分に合った予約方法で航空券を予約しましょう

ジェットスターの格安航空券の購入は、以上の方法で可能です。いずれも締め切り時間や支払方法が異なりますので、予約時期には注意しておきましょう。また、どの方法も空席が無いと予約できません。不安がある方は早めに予約することをおすすめします
当サイトがおすすめする航空券予約サイトは下記になります。是非一度航空券の比較をしてみるのが良いでしょう。
▼国内航空券No1の実績
スカイチケット

コンビニでジェットスターの航空券を買うメリット・デメリット

全国のコンビニで航空券を購入可能

全国には数え切れないほどのコンビニがありますが、ジェットスターの航空券はコンビニで買えるのが特徴です。対応している店舗は全国にあるローソン、ミニストップ、ファミリーマートの3つで、店頭のマルチメディア端末(ファミポートなど)を操作すれば、その場ですぐにジェットスターの航空券を予約できます。近所にこれらのコンビニがある場合、店頭で予約するのも良いでしょう。

コンビニで予約するメリットは手軽さにあります。オンライン上から予約する方法も手軽ですが、インターネットの接続環境が必要で、利用する端末やブラウザによっては予約が取れない可能性もあります。コンビニの場合は店頭の端末を操作するのみで良いため、インターネットへ接続する手間も不要です。

また、1回の申し込みで最大12名(幼児は2名まで)予約できるのが魅力と言えるでしょう。例えば家族や親戚と旅行へ行きたい場合や、団体でどこかへ行きたい場合など、代表者が1人コンビニで予約を取れば済むため、それぞれが予約を取る手間を省けます。時間の節約メリットも大きく、誰が予約するか決めておけば、後は浮いた時間を旅行のスケジュールやプラン作成に充てることができます。

コンビニでの予約のデメリット

一方でデメリットとなるのが予約手数料です。コンビニで予約した場合、1人ごとに数百円の手数料がかかります。国内線・国際線それぞれで必要な手数料が異なっており、仮に12名予約すると、手数料が最大1万円程度発生する可能性があります。手数料自体は比較的安いですが、人数が多くなる場合は念のため注意しておきましょう。

支払いはコンビニの店頭で行いますが、一部の店舗は現金のみとなります。ファミポート利用時は、ファミマカードかクレジットカードを利用できますが、他は現金だけの取り扱いのため、あらかじめ用意しておく必要があります。カードを使いたい場合はファミリーマートで予約しましょう。ただし、いずれのコンビニも料金が1回で30万円を超える場合は予約できません。運賃タイプによっては30万円をオーバーする可能性がありますが、もし超える場合は他の方法を利用しましょう。

ジェットスターの航空券の購入方法の中でも、コンビニは手軽さで勝っています。支払方法が限られますが、12名まで予約できますので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。特に自宅の近くにコンビニがある場合、コールセンターや空港カウンターを利用するよりも気軽に予約できるでしょう。

航空券購入するなら公式サイト予約がお得?

公式サイトからの購入

ジェットスターは公式サイトから航空券の購入が可能です。他にも様々な購入方法がありますが、公式サイトと他の方法では、いったい何が異なるのでしょうか?実はもっともお得に航空券を購入できる方法になっており、特にこだわりが無ければ、公式サイトからの予約が良いと言えます。特に数ヶ月~数日前までに予約したい方にとっては、費用をかなり節約できる可能性があります。

公式サイトから航空券を購入するメリットは、予約手数料がかからない点です。例えばコンビニの場合は1人につき数百円、コールセンター・空港カウンターでの予約は数千円かかるため、予約人数が多いと割高になってしまいます。コンビニは予約手数料が抑えられていますが、1円でも料金を安くしたい場合、手数料分がもったいないと感じてしまうのではないでしょうか。ジェットスター公式サイトの場合は予約手数料無料のため、ほぼ気にせず済むのが魅力です。

また、締め切り時間が出発予定時刻の2時間半前までとなっており、当日でも予約できます。コールセンターなどに比べると少々厳しいですが、コンビニは6時間前までのため、当日ギリギリでも予約しやすいのが特徴です。ただし、予約状況によってはすでに座席が埋まっている可能性もあります。サイトから空席状況をチェックして予約するようにしましょう。

気になる手数料は?

予約方法も簡単です。最初は戸惑ってしまうかもしれませんが、ガイダンスが用意されていますので、それに従っていけば時間をかけずに予約できます。出発地や目的地、運賃タイプなどは慎重に選び、搭乗者情報も間違えないように注意しましょう。

ジェットスターの公式サイトは予約手数料がかからず、お得な料金が魅力の購入方法ですが、支払方法によっては手数料がかかります。支払方法はクレジットカードやバウチャー、ネットバンキングなど複数の種類から選べますが、数百円程度の手数料を負担する必要があります。ただ予約手数料と比較すると割安ですので、気にするほどではないと言えます。しかし、予約方法によっては一部の支払方法が利用できないので注意しましょう。

電話やカウンターで航空券の予約ができる?

コールセンターを利用する

ジェットスターの航空券を購入する方法は様々あります。一般的な方法はオンライン上からの予約、あるいはコンビニでの購入ですが、通常の航空会社と同じように、空港のカウンターやコールセンターで予約をすることもできます。オンラインでの予約のように難しい操作を必要としないため、パソコンが苦手な方でも予約しやすいのがメリットと言えるでしょう。

電話で予約したい場合は、電話をして話をするとスタッフが対応してくれます。チェックイン開始時刻まで手続きが可能で、当日予約もできるのが特徴です。また、あらかじめ飛行機の時刻を調べずに済むことから、急用などですぐ飛行機を利用する必要がある際にも向いています。

空港カウンターを利用する

もう一つの空港カウンターでの予約は、ジェットスターのカウンターへ行き、その場で予約できる方法です。もっともシンプルな予約方法で、オーバーブッキングのリスクを気にせずに済むのが特徴になります。直接空港へ着いてから予約できますので、下準備が必要ないのもメリットと言えるでしょう。締め切り時間まで対応しているため、コールセンターと同様に、すぐ飛行機で発つ必要がある場合などにおすすめの方法です。

いずれの方法も当日でも簡単に予約できるのが特徴ですが、欠点もあるので注意が必要になります。まずコールセンター、空港カウンターの予約ともに手数料がかかってしまう点です。手数料は利用する路線によって異なりますが、数千円ほどかかる場合があるので気を付けましょう。オンライン上での予約と比べ、チケット代は少々割高になります。予算オーバーしないよう注意しましょう。

また、JetStarは格安料金で人気のある航空会社のため、すでに予約で座席が埋まっていることもあります。特に当日は予約が取れない可能性も高くなるので、あらかじめ空席状況を調べておくのが望ましいでしょう。利用者の多い人気路線や休日、行楽シーズンなどはすぐに予約が埋まります。閑散期や平日に利用する場合も、予約が埋まっている可能性があるため、空席のチェックは欠かせません。

コールセンターや空港カウンターでの予約は簡単な一方、手数料や予約状況など、いくつかの欠点が存在します。しかし、当日でもすぐ予約が可能なことから、急用時にはぴったりの予約方法と言えるでしょう。空席状況をチェックし、もし座席に空きがあるようなら、ジェットスターを利用してみてはいかがでしょうか。

スマホで航空券を快適に購入する方法

スマホで簡単予約ができる

ジェットスターの航空券を購入する場合、公式サイトから予約したり、コンビニやコールセンターで予約するなど、様々な方法の中から選べます。しかし、公式サイトは支払方法によってはパソコンが必要など、スマホからの予約が難しいネックを抱えています。コンビニやコールセンターを利用すれば問題ありませんが、いずれも予約手数料が必要で、費用が少し高くなってしまう点が欠点です。

もしスマホでジェットスターの航空券を購入したい場合は、専用のアプリを利用してみてはいかがでしょうか。スマホの利用者は非常に多く、アプリを導入するだけで様々なことができますが、ジェットスターの航空券も簡単に予約できるようになります。利用料も無料で、インターネットへ接続できるなら、もっとも快適に予約できる方法と言えるでしょう。

公式アプリでモバイルチェックインが可能

ジェットスターの公式アプリはiPhoneとAndroidそれぞれに対応しています。端末のOSバージョンによっては使えない場合もありますが、各アプリストアからダウンロードできますので、予約の際は導入してみると良いでしょう。航空券を予約できるだけでなく、フライトの検索や予約確認・変更、オプションの追加など、すべてアプリ単体で行えるのが魅力です。

例えば予約後に手荷物の追加をしたい場合や機内食を追加したい場合は、アプリの会員ページからすぐ手続きできます。他にも遅延や欠航のお知らせ、空席状況のチェックなどもアプリで確認可能です。多機能なため、導入しておくと非常に便利なアプリと言えます。

そして、公式アプリ最大の特徴とも呼べるのがモバイルチェックインとモバイル搭乗券機能です。モバイルチェックインとは、アプリからチェックイン可能なサービスで、カウンターに並ぶ手間を省けるのが魅力となっています。一方のモバイル搭乗券は、搭乗券が印刷不要なサービスです。ゲートへ直行し、指定の画面を提示するのみで搭乗できます。それぞれカウンターでのチェックイン手続きと搭乗券の印刷が不要になるため、手荷物が無ければすぐ搭乗することが可能になります。

スマホなら、公式アプリを使えば簡単に予約や変更手続きができます。それだけでなく、アプリ自体の機能も優れていますので、スマホをお持ちの方はダウンロードしておくと良いでしょう。特にモバイルチェックインとモバイル搭乗券機能は便利です。ただし、予約方法によっては利用できないので注意しましょう。