メニュー ホーム

コンビニでジェットスターの航空券を買うメリット・デメリット

全国のコンビニで航空券を購入可能

全国には数え切れないほどのコンビニがありますが、ジェットスターの航空券はコンビニで買えるのが特徴です。対応している店舗は全国にあるローソン、ミニストップ、ファミリーマートの3つで、店頭のマルチメディア端末(ファミポートなど)を操作すれば、その場ですぐにジェットスターの航空券を予約できます。近所にこれらのコンビニがある場合、店頭で予約するのも良いでしょう。

コンビニで予約するメリットは手軽さにあります。オンライン上から予約する方法も手軽ですが、インターネットの接続環境が必要で、利用する端末やブラウザによっては予約が取れない可能性もあります。コンビニの場合は店頭の端末を操作するのみで良いため、インターネットへ接続する手間も不要です。

また、1回の申し込みで最大12名(幼児は2名まで)予約できるのが魅力と言えるでしょう。例えば家族や親戚と旅行へ行きたい場合や、団体でどこかへ行きたい場合など、代表者が1人コンビニで予約を取れば済むため、それぞれが予約を取る手間を省けます。時間の節約メリットも大きく、誰が予約するか決めておけば、後は浮いた時間を旅行のスケジュールやプラン作成に充てることができます。

コンビニでの予約のデメリット

一方でデメリットとなるのが予約手数料です。コンビニで予約した場合、1人ごとに数百円の手数料がかかります。国内線・国際線それぞれで必要な手数料が異なっており、仮に12名予約すると、手数料が最大1万円程度発生する可能性があります。手数料自体は比較的安いですが、人数が多くなる場合は念のため注意しておきましょう。

支払いはコンビニの店頭で行いますが、一部の店舗は現金のみとなります。ファミポート利用時は、ファミマカードかクレジットカードを利用できますが、他は現金だけの取り扱いのため、あらかじめ用意しておく必要があります。カードを使いたい場合はファミリーマートで予約しましょう。ただし、いずれのコンビニも料金が1回で30万円を超える場合は予約できません。運賃タイプによっては30万円をオーバーする可能性がありますが、もし超える場合は他の方法を利用しましょう。

ジェットスターの航空券の購入方法の中でも、コンビニは手軽さで勝っています。支払方法が限られますが、12名まで予約できますので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。特に自宅の近くにコンビニがある場合、コールセンターや空港カウンターを利用するよりも気軽に予約できるでしょう。

カテゴリー:ジェットスターを利用して格安旅行

user